写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

コブタ中毒?

昨日の会社帰り、バスの中でノートパソコンを開いてミクシィをやってる男を見た。バスの中でパソコン開いてまでやるものだろうか。あちきは実際、ミクシィに入っているけど、最近は会社のマックで見れなくなってからあまり見ていない。そのことを彼にメールしたら「ミクシィを覗かないと仕事も日常生活も手につかないで、おちおち寝てもいられないんぢゃない?中毒みたいなもんだね」と返事が来た。とコブタ、ここで彼に「○○○はコブタ中毒にならないねぇ、寝てばっかりだねー!」と訴える。すると「コブタ中毒ってすごいねー!朝起きたらコブタが浮気してお泊りなんかしてないか不安になって夜中の一時に電話して、出るまで何度もリダイアルして、昼間は会社の同僚と仲良く話なんかしないようにメールを送りまくって10分以内に返事来ないと会社の外線に電話して、三時頃には仕事が終わりそうな時間聞いて、その時間になったら電話して、出なかったら会社の外線に電話して、帰りの電車ではずっとメール送りまくって、ちょっとでも返事が遅いと電話して、家に帰ったら本当に家か夕飯の献立や家族の様子聞いて、、、、←が中毒だけどいいの?(笑)」という返事が。うーむ。これはすごい・・・。ストーカーちっくだ。さらに彼からメールが。「多分そーいう人は拒否されると僕のこと愛してないの?愛してくれているなら全て受け入れてくれるはず。僕はこんなに愛しているのに。コブタの為なら親だって殺せる。。。みたいな感じでみんな殺して最後にコブタ殺して切り刻んで冷蔵庫に入れて、「一つになろうね」って肉塊に話かけながら食べちゃうんぢゃない?」うわぁ。それはやだ。こわいよぅ、でもコブタを食べた後、自分も自殺するの?と聞いたら「自殺はしないんぢゃないの?自分の中にいて、誰にも取られなくなったコブタに独り言のように話し掛けて、静かに、そして穏やかに一生を過ごすんぢゃないのー?」とのこと。なんだかろまんちっくぢゃないの、とコブタがうっとりしてたらまたメールが来て「だから、ぼくみたいにすぐ寝ちゃうおバカの方がいーんだよ!」と一言。はっ。そっかー と妙に納得してこの話は終了したけど、そうなのかしら。

写真、贈るね。