写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

いくら?

今日はちょっと暖かくて小春日和。でも朝はさぶかったのでまた光合成をした。お天道様に向かって伸びをすると気持ちがよい。早く春が来ないかなぁ。今年のお花見はどこでやるか、もう決まっているので楽しみなのだ。さておき。昨日家に帰ったら母が「あんた、びっくりすること教えてあげようか」と言ってきて、何かと思ったら近所のおばさんが亡くなったことだった。確かにびっくりしたが、ちょっといや~なびっくりさがあってしゅんとするコブタ。それで香典はいくらにするか迷ったあげく、母は姉の存在を思い出し、電話をかけていた。「おねえちゃま?久しぶり。くに子だけど、寝てた?あ、寝てたのね、ごめんね、別に大したことぢゃないんだけど、うちの下の下の下の家の奥さんが亡くなったんだけど、香典いくらがいいのかしら。よく分からなくて。5000円でいいかしら?それとも同じ列の人だから1万円かしら。」・・・おかん、「うちの下の下の下」とか言ってもよく分からないんですけど。コブタの家は坂道に建っていて、上から2軒目にあたる。(6軒中)で、その亡くなった人は上から5軒目のお宅の奥さんで、近所と言えば近所だけど、特に親しいわけでもなく会えば挨拶して少し話す程度の人。だけど同じ列だしぃ、というわけで母は悩んでいたらしい。それにしたって大宮に住んでいる姉に突然電話をかけるとは。母は5人姉妹の3番目である。色々電話で話してたけど、最後に「香典袋にもうマジックで書いちゃったんだけど」と母。すると姉「もう書いちゃったならしょうがないぢゃない」との回答が。おかん、書く前に相談しなさいよ。と思うコブタであった。

写真、贈るね。