写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

コブタカメラマン出動

ういーっす。昨日、結婚式の撮影が無事に終わって帰ってきた後、ずーーーーっと写真集作りに没頭していたので日記を書くのを忘れてた。さてさて、昨日の結婚式。素敵だったですよ、羨ましかったですよ、一言言わせてけろ。ばかやろー! 9時過ぎに教会へ到着して、まずは明るさチェック。やはり暗かったのでカメラのISOを800~1600にしないと撮れなかった。花嫁さんはメイク開始。普段、すっぴんの彼女。メイクをするお顔を見るのは初めてのことだ。そのメイク中も逃さず撮る。10時半過ぎ、新郎到着。オトコのメイクはなし。せいぜい髪をセットするだけ。らくちんでいいなぁ。11時。メイクとヘアセット完了。素敵な花嫁さんの出来上がり。とてもきれいで、「ああ、ほんとに結婚しちゃうのね、遠い人になってしまったなぁ」と少し寂しくなるコブタ。しばらくすると新郎の両親・親戚もはるばる遠い地からおいでなすった。人数は少ないが、緊迫した空気に耐えられず、コブタ控え室を出る。12時。リハーサル開始。本番で撮れないシーンをリハーサルで撮ろうとしたが、ほとんど撮れず、焦る。もう後はない。本番で勝負だ。コブタ、気合を入れる。13時。いよいよ結婚式本番。パタンとドアが開き、新婦と父親が腕を組んでヴァージンロードを歩いてきた。コブタ、牧師さんに負けず、真正面からカメラを抱えてお出迎え。牧師さんの話と聖歌隊の歌が意外と長くて、シャッターチャンスが沢山あり、助かった。しかし位置を変えるたびに明るさの調整が大変。靴の音がしないように歩くのも大変。そろりそろりと歩く。新婦、ベールの中でうるうるしている。それをファインダーごしに見たコブタも思わずうるうる。あの顔を見たのは牧師さんとコブタだけだ。皆が撮れない場所で写真を撮るというのはなんとも気持ちがよい。コブタ、いつの間にか緊張も忘れて必死に撮りまくり。式が無事に終わり、お外で集合写真。しかし・・・本物の教会なので、写真を撮るスペースなどない。狭いスペースで無理矢理撮ったので、構図がおかしくて納得がいかない。「いきますよぉ」の声をかけてハイ、チーズ。その後は教会の食堂でお茶会。披露宴ではない。お茶会である。地味ながら、とてもいい結婚式だった。お金をかけなくてもいい結婚式は出来る。最後に撮った、二人のラブラブ写真はラブラブ過ぎてむかつくったらありゃしない。この花嫁の表情。写真集を作りながら、泣きそうになる。結婚式では泣くヒマがなかったし。改めて、「結婚おめでとう」。写真は376枚撮った。

写真、贈るね。