写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

旅日記2

今日も金沢の旅日記を書きまふ。どうぞよろしく。長いぜ。 8月24日(日) 朝、目が覚めたらまた雨。だけど出かける頃には上がったので、再び兼六園へ。今日は有料入園300円を払って入場。そして直行で昨日行かなかった抹茶と和菓子を食べに時雨亭へ。コブタと彼は優雅な気分で畳の上で正座して抹茶と和菓子をいただく。日本庭園て意外とステキかも、とコブタうっとり。その後「あうん堂」に向かう。「あうん堂」とは古本屋さんと喫茶店が一緒になっているという不思議な喫茶店。今回の旅は喫茶店巡り付きだ。で、このあうん堂、すごく静かで落ち着いてていい感じ。ずっといたくなる喫茶店だった。そこでコブタはしらすチャーハンとアイスティ、彼はチキンカレーとアイスコーヒーを頼んだ。しらすチャーハン、食べてみたらあまりのうまさにびっくり。カレーの付け合わせに出てきたらっきょうも更にうまくてびっくり。唐辛子と一緒に漬けてあった。食べた後、彼が読んでいた本を棚に戻して席に戻る時にアイスコーヒーのコップをひっかけて倒してしまい、割ってしまった。だけど店員さん、ニコニコ。「怪我がなくて良かったです」と言ってくだすった。その後、あうん堂を出て、東茶屋街の下見も兼ねて昼間の写真を撮る。しかしここでちょっとしたアクシデント。メインストリートの手前の建物が工事中で、緑色の工事用シートが被さっていたのだ。黒ならともかく緑は目立ちすぎ。これは痛い。午後からはガスを補給して輪島へ。すでに15時半になっていたので、輪島には遅く着くと思われたが、金沢から高速で一気に着いてしまった。宿に荷物を置いてゆっくりする間もなく昨日と同じ取材活動へ。今日は輪島大祭が行われるということだったのだが、場所がいまいち不明。結構盛大な祭りの割には人がとんといないし。とりあえず地図を見ながらネットで調べた「住吉神社」へ。途中、太鼓の音が聞こえたので行ってみると、何だかわからないアンドンの大きい物のような御神輿のような物の周りで町内の人がお酒を飲んでいた。多分これが夜になると動き出すであろうということで、すぐそばで休憩。後からこれはキリコというものらしい事が分かる。休憩しているとカメラを二台首からぶら下げていたおじさんがいた。おじさん、相当気合いが入っているらしく、途中からタオルをハチマキにして頭に巻いていた。19時になり、キリコが動き出したのであちき達も動き出す。キリコは通りのお店の前で一軒一軒止まって太鼓を叩くと、それぞれの家から人が出てきてお酒やご祝儀を渡している。最初のうちはブレてもスローシャッターで何とか撮れたが、暗くなったらストロボを使わなければ撮れなくなった。ストロボはどうしても使いたくないけど、何にも撮らないわけにはいかないので、しぶしぶストロボを使うことに。ところで、こっちの若者は意外にもガラが悪い。「東京に行くために今から慣れとくぜー!」という感じ。キリコは町内を一周して元の場所に戻ってきた。コブタと彼は住吉神社に向う。ここで何もなければ明日のために疲れがたまらないよう帰るつもりだったのだが、神社には人がわんさか集まり、大きな松明もずるずると引きずられてきた。まだまだ何かあるに違いないので、もう少しねばることに決定。しばらく境内にいたコブタ、なんとなく外の通りを見てびっくり仰天。いつの間にかさっきのキリコが沢山神社のそばに集まってきていた。人もすごい。島中のみなさんが出てきちゃった感じ。実はここからが本番。先頭のキリコが神社の前でぐるぐる回転しだした。すごい勢いで見物客にもぶつかりそうになり、危ないったらありゃしない。その度に人がわーっと動くため、コブタ、アタマをガンガンぶっ飛ばされる。普通の人なら身体同士がぶつかるだけなのだろうが、コブタは背が低いので頭に当たるのだ。ちっ。コブタだと思ってなめんなよ~!キリコは一台、一台、ぐるぐる回転するために道路で順番待ちをしている。それが全部終わると、そのままキリコは川の方へ向かい、橋の前で一旦停止。準備が出来ると今度は猛スピードダッシュでキリコが橋を突っ走る。ヘタに走るとキリコが斜めってこれまた危ない。ここでコブタのカメラのバッテリーが切れて強制的に終了。22時だ。終了時間の23時までいられなかったけど満足。足がすごく痛くて帰るのが大変だった。なんせ4時間ずっと立ちっぱなし。夕飯は店がどこもやっていなかったのでカップ焼きそば。彼も相当疲れた様子。一昨日の夜から徹夜で金沢に来て、全く休むことなく撮影しっぱなし。これはすごい取材活動だ。でも写真は全然すごくない。しょぼん。

写真、贈るね。