写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

今年もやったっ

へろへれ~。今日は朝9時半にむくりと起きて腕まくりして気合を入れてバレンタイン大作戦に挑んだコブタ、ええ、今年もしくじりましたよ。作ったのはブラウニーとマフィンと初チャレンジのトリュフの3種類。最初に作ったブラウニー。無塩バターを泡立て機でクリーム状にしろと書いてあったから、泡立て機をバターにぶっさしてスイッチを入れたけど、常温に戻したところで50グラムのバターは固まっててクリーム状になるどころぢゃない。仕方がないので少し湯せんにかけて溶かすか~と思って溶かしたら、今度は全部溶けてスープみたいになってしまい、しくじった。そうなってしまうと、泡立て機でいくらやってもクリーム状にならず、最初からやり直し。そのスープになってしまった無塩バターはお昼にパンの耳を焼いた時、シナモンと絡めて再利用した。で、2度目のチャレンジでなんとかクリーム状になったところで色々入れて混ぜてオーブンへ。マフィンも同じような作り方だったけど、意外なことにカップに生地を入れるのが難しくて、それを見ていたおとんが、しびれを切らしてコブタと交代。「こういうのはとっととやらないとダメなんだっ」と文句を言いながらも結構楽しそうにカップに生地を入れていた。出来たマフィンは見事にふっくらと盛り上がって完成。冷やしてからチョコペンでお絵かきしたのが一番楽しかった。そして最も難しかったトリュフ。生クリームとブランデーを入れた半生状態のチョコを丸めることの難しさったらない。一旦ほどよい具合に冷蔵庫で固まらせた半生チョコを手で丸めようとすると、手の暖かさでチョコがみるみるうちに崩れて哀れな姿に、おおおお、これはまずいと、その崩れた状態でまた冷蔵庫へ放り投げる。これは・・・チョコとの闘いだ。冷蔵庫を開けたり閉めたり大忙し。バレンタインは愛をこめて手作りにしているというのに、なんなの、この有様は。手はチョコでぐちょぐちょ。テーブルの上は粉類が飛び散ってボールやらヘラやらが散乱。とても「愛のバレンタインだもんね~♪うふうふ♪」なんて余裕こいて言える状況ではない。で、なんとか丸めた生チョコを今度はパウダーが乗った小皿の上で転がす。まるで天ぷらでも作っているかのよう。成功したのか失敗したのか分からないトリュフを兄に試食させてみたら「うまい」と言っていたので、勝手に成功と断定した。今回の所要時間は10時から午後2時までの4時間。かかりすぎ。でも、まぁいいぢゃないの。「愛」をこめて作ったので、彼氏さんよ、14日はありがたく頂戴してけろ。

写真、贈るね。