写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

コブタ、イヤな初体験

もしゃもしゃもしゃ。もぐもぐもぐ。がしっ!!んぐっ!!!!いてー!!!コブタ、叫ぶ。こんなに痛いなんて。電車の中で痛さはピークに達し、気絶しそうになった。 は。 はですよ、は。右奥歯が痛くて痛くてどうしようもなくなり、仕事も集中出来ず、なんとか定時まで我慢して、歯医者にすっ飛んでいった。コブタ、この歳になって初めての歯医者でございまふ。今までずっと歯が痛くなったことがなくて歯医者とは無縁だったのだけど、虫歯があるんだろうなぁということは確信していた。激痛に襲われた時、「ついにこの時が来たか」と思った。品川駅前の歯医者へ行くと結構混んでいてしばし待つ。名前が呼ばれてひょこひょこ看護婦さんについていくと若いおにいさんが3人もいた。そこは3台ほど治療台があり、お医者も3人。レントゲンを撮るというので、「すいません、今日5千円しか持ってないんですけど足りますか?」と聞いたところ、足りるとのことだったので安心して撮影。前歯でスポンジを噛んだ状態でストップモーション。レントゲンのデータはすぐさまパソコンに移され、痛みの原因が何か診断を受ける。レントゲンを見ただけでもお医者はすぐ原因が分かったようだが、更に歯をたたいて痛い所を確かめた結果、右下奥歯が痛いと思ってたのに、実は右上の奥から四番目の歯が犯人だった。しかも、虫歯が原因ではないという。噛む力が強すぎて、その歯だけが集中的にダメージを受けて欠けてるうえに尖っている。そして噛んだ時のクッションとなる歯肉に負担がかかりすぎて痛むらしい。レントゲンを見るとそれがよおく分かる。それと歯茎がひどく腫れていると言われた。とりあえずたまった歯石と原因の歯の尖りを削ってもらったのだけど、あれですよ、あれ、あの音。ウイーン、キーーーン!!!歯医者のイメージ通りの音であった。「痛かったら左手あげてくださいね」と言われ、左足をぴくぴくあげるコブタ。左手は痛くてもあげなかった。かなり歯石を取ったらしく、化石化した歯石が取れてカチカチ。「はい、見てください、血だらけですね~」とコブタに鏡を見せるお医者。歯茎から血がだらだら出ている。そんで、原因の歯にはあんまり力をかけないようにと言われて治療終了。根本的にどう治療したのかさっぱり分からないのだけど。おくすりももらってないし、また痛くなりそうだが。。。次回は来週月曜日に来てくださいと強制的に言われた。今度は何をするんだろう。最初に痛くなったのは1週間ほど前。右の歯で噛むと痛いので、左の歯でカバーして物を食べていた。これからもしばらくその生活が続きそう。今朝は調子こいて右の歯で噛んでしまったから激痛が起きたのだ。しかし虫歯ぢゃなかったのは意外だったな。治療して治らなかったら矯正マウスピースをはめられちゃうらしい。

写真、贈るね。