写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

よいお天気。それほど寒くもなく、洗濯物を干すのもらくちん。 さておき。昨日の夜、餃子を食べながら先日亡くなった方の告別式の話が出ました。 「もう、すごいかわいそうだったよ。奥さん(友人)、お通夜では泣かなかったけど、火葬場で号泣」。 「え?火葬場に行ったの? なんで?」 「? なんでって? 骨も拾ったよ」 「え、亡くなった人と面識あったの?」 「一言、二言くらい話をしたことがあるだけ」 「えええ?!!」コブタびっくり。  お通夜に続いて、昨日は告別式に行ってきたお旦那さま。 受付を頼まれていたため、お香典の回収もやったわけですが、どういうわけだか そのお香典を渡すタイミングを逃してしまい、火葬場まで行った末、 お骨まで拾っちゃったそうです。その時、周りには親族だけ。 一言二言しか話をしたことのない人のお骨を拾ったお旦那さまにコブタが 「お骨って親族以外あんまり拾わないよね」と突っ込んだら、何やら不安になってきたらしく、 真面目な顔してiphoneで調べはじめました。 結果、ほとんどの場合、問題はないみたいだけど、コブタみたいに違和感を持つ人もいるわけで。 そしたらお旦那さま、急に食欲をなくし、しょんぼりしてしまいました。 「箸を渡されて、ありがとうって言われたならいいぢゃん~」と励ますも、 うーうー唸りながら「もうだめだ」と言い、和室までよれよれ歩きながら布団に入ってしまいました。 え、あんた、そんなに気が小さかったっけ?と思ったけど、次の瞬間イビキをかいて寝ていたので、 あ、、やっぱりコイツは大丈夫だ と安心して片づけをはじめたコブタでした。

写真、贈るね。