写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

日航ジャンボ機墜落事故の記憶

今朝起きたらテーブルの上にドンと置いてありました。 今日は早番で夜中2時出勤のお旦那さま、昨日フジテレビで放送された特番を真剣に見ていた コブタのためにどこからか出してきたのでしょうか。 1985年の週刊誌、大きなスクラップブック3冊にみっちり事故の記事が貼ってありました。 フライデーとフォーカスは焦げた遺体や、ちぎれた足の写真など悲惨な写真が載っていました。 コブタが11歳の時にこの事故が起きたのだけど、正直あまり記憶に残っていません。。 生存者の中に12歳の子がいましたが、今は幸せに暮らしているかな、と思って調べてみたら、 2002年の秋に結婚されて、会社員の夫と息子の3人で西日本の地方都市で幸せな生活を送っている とのことでした。よかったですわ~。 もうこんな事故は二度と起きないように安全点検、安全運転をお願いしまふよ、航空会社さん。 飛行機といえばキャビンアテンダント、スッチーですが、お旦那さまは昔、羽田空港で働いていた ことがあって、スッチーはすっごい性格が悪くて、いぢめもすごいそうです。 お旦那さまいわく、いぢめられているスッチーの髪型はボブ。 おだんごの髪型はみんなに認められた人にしかできないそうです。ほんとか?笑 さらにスカーフの巻き方にも上下関係があり、カースト制度みたいなものもあるそうで、 したっぱが生意気なスカーフの巻き方をしているといぢめられるそうです。 (スカーフの巻き方は会社で決まっているんぢゃないかと思ったのですが、自由だそうです)

写真、贈るね。