写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

前向きになりたいよ

最近、日本ブログ村の「がん」カテゴリーで、がん患者さんのブログを読むことが多くなりました。 きっかけは北斗晶さんです。毎年あんな痛い思いをしてマンモグラフィーを受けていても乳がん発見が遅れてしまう、という衝撃の事実。コブタも怖くなって毎日お風呂で胸を触ってチェックするようになりました。 今年1月に検査を受けた時は異常なしだったけど、当てにならないなぁ、なんて思いはじめました。 身体の具合が悪くなると「健康ってほんと大事、健康一番」とつくづく思いまふ。2ヵ月間毎日続いている頭痛も原因が分からない中、がん患者さんのブログを読んでいると「みんな強いなぁ」と元気づけられまふ。 がん患者、しかも末期、しかもダブルキャンサーの方もたくさんいらっしゃいまふが、ブログを読んでいると、とにかく明るくて前向きな方が多い。本当はそんなわけないと思うけど、文章だけ見ていると、がんの話をしていても明るいので「ほんとにがんなの?」と疑いたくなりまふ。頭痛ごときで落ち込んでいる自分がバカみたいに思えてきまふ。すい臓がんと尿膜管がんのダブルキャンサーの43歳の男性なんて「がん、かかってこいやー!」みたいな感じでがんと命がけのゲームをしていまふ。どうしたらそんな前向きになれるのですか?

写真、贈るね。