写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

大学病院での診察

 

昨日、大学病院へ紹介状を持って行ってきました。時間がかかりそうなので、早めに行きましたが、1時間半待ちました。大学病院は受付で診察券を発行してもらうのも大変で、非常に面倒。その割には結構あっさり終わっちゃうんだよね、と思っていたら本当にあっさり「難聴の人の耳鳴りは一生消えません。耳鳴りが気にならないように生活するしかないです」と絶望的なことをサラリと言ってきて驚きました。そんなもんだよね、大学病院なんて。脳の検査もせず、他の考えられる治療もせず、予想通りの結末でした。大体、お医者さんを見たとたん「だめだ、この人」と思いましたわ。見た目で判断するのはいけないけど、若造のイケメン兄ちゃんで、足を組みながら診察って。「眠れない時は音楽かけたりすれば?」みたいな。そんなことは分かっとるわい!!!「夜が耳鳴りがひどくて眠れない」という言葉は聞き飽きてるようで「またか・・」という心のつぶやきが丸見え状態で、それでも医者か!と思いました。とりあえず最新技術のTRT音響療法というものを20日に予約をして、聴力検査をしただけで帰ってきました。しかもこの聴力検査が今までと違って、耳が痛くなるほどの音量。そのせいか、昨日の夜から聞こえないはずの左耳も耳鳴りし出してパニック。余計なことをしてくれたな。これからどうやって生活していけばいいのか。ここからはメンタルの問題。気の持ちようだ。 寝ていないせいか、最近ものすごく寒がりになりました。先日、お旦那さまが会社の交通安全祈願で「身代わり亀鈴」を買ってきてくれて、泣いてしまいました。精神的に追い詰められていまふ。

写真、贈るね。