写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

訃報とプチ手術

昨日、涙腺検査とついでに緑内障・白内障、その他の目の病気がないか検査をしたところ、涙腺検査(涙腺に細い紙を挟んで調べる。意外と原始的)ではほとんど涙が出なくて、ドライアイ状態だということが判明。そのため、眼球に傷がついているらしい~。・・・びっくりです。全然ドライアイという感覚がなかったので。緑内障・白内障は異常なし。眼球の奥も見てもらいましたが、その検査のためにつけた目薬がびっくり。先生、最初、何も言わなかったけど、目薬をさして数分後、物が二重に見えて、特に文字が二重過ぎて全く読めず、ビビりました。スマホも腕時計も恐ろしいくらいボケボケ。これはどうしたものかと、30分後の診察で先生に聞いたら「ごめんなさい、言うの忘れてました。4~5時間後くらいにちゃんと見えるようになります」と一言。 4、5時間もこの状態なんて、困るわ~。一旦、家に帰ってから午後にまた口唇小唾液腺生検で病院に来る予定だったのに・・・。こんな目ぢゃ危ないから歩けないし、家に帰ったところでパソコンもテレビもまともに見れないんぢゃ、帰ってもしょうがないわ~、暑いし・・・というわけで、なんと朝9時~午後3時15分の手術までずっと病院でボーっとしてました~。笑 お昼は病院内にあるスタバーで食事。 で、いよいよ口唇小唾液腺生検手術が始まるって時に、受付そばのテレビモニターを何気なく見たら海老蔵が泣いていたので、まさか・・と思ったらそのまさかで、心臓バクバクになり、手術前のドキドキと重なって血圧が急上昇。170超えてしまいました(いつもは110くらい)。なんてタイミングで訃報の知らせを知ってしまったんだろう。。ついに麻央ちゃんが・・・とベッドに寝かされたて天井を見つめながら思いました・・・。しばらくして顔に、口の部分だけ穴が空いたブルーの布をかぶされ、お腹の上にメスやらハサミやらが置かれたトレーが乗せられ手術スタート。意外なことに麻酔は全く痛くありませんでした。先生、自分で自分に「我ながらうまいわ」と言ってました。笑 所要時間約20分。あっという間に終わり、保冷剤を口に当てながらお会計。全部合わせて9000円ほど。見た目、全然縫ったなんて分かりまへん。下唇の裏の奥だし。 麻酔が切れた時は、やっぱり痛くて、夕飯を食べるのが大変でした。あまり噛むことが出来ないので、途中からみかんゼリー追加。噛まずに飲み込めて食べやすかったです。3日間抗生物質を飲む間は、食べやすいものにしよう。涙腺検査も引っかかり、これでますますシェーグレン症候群の可能性が高くなってきましたよ。 小林麻央さん、ブログを拝見して元気をもらっていました。いつも前向きで病気に負けない心と力を持てるのがすごいなぁと思っていました。。亡くなったことがまだ信じられません。 ・・・ご冥福をお祈りします。

写真、贈るね。