写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

あの駅

ういっすぅ。本日コブタ休暇。ちょっと腰が痛いのでちょうどよかった。さておき。昨日はおデート。早朝4時半に起きてまたまたちょいと遠出。アクアラインを通って行った先は小湊鉄道の「上総久保駅」。わざわざその駅だけの撮影のためにそぉんな遠くに行っちゃうなんてどうゆうこと?とお思いだろうが、何を隠そう秋の上総久保駅はカメラマンたちが殺到する有名な鉄道スポットなんす。ローカル線が通る、ほぼ無人駅ののどかな風景、それも大きな一本のイチョウの木があると言ったらそりゃあ人が集まるだろう。ええ、とてもステキでしたよ。お昼まではどんより厚い雲に覆われていたけど、午後から晴れたし。あちきと彼はそこに朝8時から午後2時まで6時間もいたのだ。なので、その駅の風景しか撮ってまへん。駅の風景だけで150枚くらい撮った。イチョウの木は上の方がハゲかけてたけど、なんとか撮影出来た。昨日が最後の身頃だったかも。電車は1時間に多くても2本しかこないので、ただひたすら待つ。カメラマンたちは三脚を立てて場所取り。そのカメラマンたちの中に、これまたむかつくカメラマンが出没。コブタと彼が線路の端のところに座っていた時のこと。後ろから一人のカメラマンがやってきて、彼に話かけた。「あの~そこにいられるとちょっと具合悪いんで右側にずれてもらえませんか?」。すると彼「え?なんで?ここ、別にあなたの土地ぢゃないでしょ?どこで撮ろうと勝手ぢゃないですか。ぼくたちだって、ほら、そこのホームに立ってる人とか邪魔なんだし、そういうのはお互いさまでしょ?そんなこというなんてずうずうしいですよ!」。そのカメラマンは「でも、僕たち、先にいたし~」とかなんとか言っちゃってえらそう。撮影するのに順番なんかあるのかっ!!!っていうか、おまえらより、あちきたちの方が早く来てるし!ファインダーに邪魔な人が写っても、直接それを言いにくる人は珍しい。何様?アマチュアのくせにっ。いや、プロならそんなことは言わない、と彼。そういうのは撮影のルール違反だと思う。邪魔な人が入ってきたら自分が動いてなんとかうまく写すのが礼儀ってもんだ。そのアホカメラマンは「ダメですか・・ああ、分かりました、それぢゃあ僕たちが動いてなんとかします」と諦め、「ええ、そうしてくださいよ!」と彼。そのあとわざとらしく後の方から「だめ?だめだって?だめか~」みたいな他のカメラマンの声が聞こえてきた。ダメだって言ってんだろ!!アホ!というわけで、シーズンものの写真なので、もしかしたら江ノ島の写真の途中で割り込んで今日撮った写真を「週末景」に載せるかもしれまへん。ほんとは「旅路景」に載せたいのだけど、なんせ、駅しか撮ってないもんで~。

写真、贈るね。