写真、贈るね。

つれづれ日記。日常のグチや出来事などを書いてます。

写真、贈るね。

多摩動物園おデート

おそるおそる長老ヤギを見る若ヤギさん

たまに運よくエサにありつけるヤギさん

ういーっす。今日は朝から晩まで旅行の計画&荷造りをしててづかれた。そしてもう20時過ぎなのに準備が未だに終わっていない。さておき。昨日は彼と多摩動物園に行ってきた。多摩動物園はコブタのおとんとおかんが初おデートした思い出の場所である。そんな場所に訪れたコブタと彼。いやー、多摩動物園の広いこと。坂道が多くて、結構歩いていい運動になったかも。一番最初に見たのはヤギさん。ヤギさん・・・・ヤギの世界にも社会があるのね。1匹の長老ヤギがエサをひとり占めしていて、4匹のヤギがなかなかエサを食べられず、かわいそうだった。エサを食べようとすると、長老ヤギがどっついて、4匹のヤギが同時に後ずさりする。チャンスは長老ヤギが目をそらした瞬間。後ろに回りこんでエサを一生懸命食べていた。文章では表現できないが、実際に見るとほんとリアルにヤギ社会が見える。ライオンコーナーはスケールが大きくて、ミニサファリパーク状態。ライオンバスとか走ってて感動した。上野動物園より遥かにすごい。昆虫館では広い温室に蝶が大量に飛んでいて、コブタびっくり。しかし実は・・・蝶が苦手である。蝶の飛び方がダメ。どこに向かってくるか分からないのがこわい。温室はあづくて、写真を撮っていると酸欠になりかけて苦しかった。とにかく多摩動物園は広いので、園内を昼食もとらずに午後4時半までみっちり歩き回ってコブタも彼もへとへと。そしてようやく5時過ぎに駐車場でカップラーメンを食べたのであった。彼はクリスマスプレゼントにあげたコートを着てきてくれて、暖かくていいねぇと喜んでいた。コブタは彼のコートのぽっけに手を入れるのが大好き。ぽっけの中でおててをつなぐのが大好き。だからコートを選ぶ時はポケットの位置が重要。ふむ。去年、真夏に行った野毛山動物園もいいけど、多摩動物園もなかなかいいぞ。

写真、贈るね。